インプラント治療でどの歯医者が良いかお悩みの方は、「インプラント治療おすすめ厳選5院」を掲載していますので、自分が信頼できる歯医者をお探しください。

歯医者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年09月18日 [FAQ]

インプラントと入れ歯とブリッジのどれがいいの?

かなり前から左の奥歯にはトラブルを抱えていて、詳しくは素人なので状態が良く分からないですが、最後に歯医者さんでその箇所を治療した際には、最初は詰め物をすれば大丈夫と言われたて安心していたのに、時間をかけて治療を続けるうちに、今はそれで済みましたが、今度患部が傷んだ場合は、抜歯をしなければいけないと医師から言われてしまいました。
最近口の中に口内炎ができた時や風邪をひいた時には、はっきとした箇所は分かりませんが、軽い痛みと共に歯がうずく感じがしていて、そろそろ本当にまずいかもしれないと思っています。
抜歯後の選択肢として、インプラント、入れ歯の他にも、ブリッジもあるとのことなのですが、実はその歯医者さんに行く前には他の歯医者さんでブリッジにされた経験もあって、正直あまり良い印象がありません。
一応ブリッジも含めて、この3つの選択肢のメリットとデメリットを教えて欲しいので、どうぞよろしくお願いいたします。


回答

いずれの場合も定期検診の徹底を。


まずブリッジですが、人工の歯を固定して装着するため、自分の歯と同じような感覚で使用できることがメリットといえます。
デメリットとしては、どうしても違和感があることと、他の歯に負担をかけてしまうことです。
インプラントのメリットは、ブリッジよりも違和感なく、自分の歯と全く同じような感覚で使用できる点です。
見た目でも、天然の歯と区別できないところも大きな利点です。
インプラントのデメリットは、何といっても健康保険が効かない分、費用的に大きな負担になってしまうところです。
加えて、外科的治療となりますので、治療に危険を伴う可能性があり、失敗の恐れもあります。
その点入れ歯であれば、保険も適用になりますし、治療に失敗するリスクもありません。
デメリットは、範囲が広いと他の歯にかなりの負担をかけることになることと、毎日のメンテナンスが必要な点です。
多くの方が勘違いしているようですが、入れ歯もインプラントのいずれも人工物なので、しっかりお手入れすることで、長く使用することはできますが、一生物ではありません。
必ず定期的に歯医者さんに通って、自分の歯と同じようにセルフケアも非常に重要になります。
残っている歯をできるだけ健康に維持することがとても大切で、どのような選択をしたとしても、今の状態を長く維持できたとしても、必ず自分から積極的に定期検診を受けることを強くおすすめします。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク