インプラント治療でどの歯医者が良いかお悩みの方は、「インプラント治療おすすめ厳選5院」を掲載していますので、自分が信頼できる歯医者をお探しください。

歯医者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年07月18日 [FAQ]

インプラント以外の方法はありますか?

私はずっと歯を大切にしてきたつもりだったのですが、もう50代を迎えてしまい、仕方のないことなのかもしれませんが歯が抜けてしまい、いつまでもショックを受けているわけにはいかないため、新しい歯を入れてもらいたいと考えました。
しかし、インプラントは外科手術をすることになって、怖さがあるため、ほかに何か方法がないのか知りたいと思っているのですが、インプラントを使わない治療方法にはどのようなものがあるのか教えてください。

回答

差し歯やブリッジ、入れ歯といった方法があります


インプラントを嫌がる人もいるため、そのような人に対してはそれ以外の治療方法を探すことになるのが一般的であり、そのなかでも昔から多くの人が行ってきた治療として差し歯があります。
歯の根っこの部分が残っているのであれば差し歯にすることが可能であり、しっかりとした歯根があればそれを土台として差し歯をさすことができるのですが、その際には歯科医によって歯根の状態を判断してもらうことが大切です。
また、ブリッジという方法があって、こちらは接着剤によってとりつけて、基本的に取り外しをしないのが特徴となっていて、歯根が残っていない場合にはブリッジを選択するケースが多く、入れ歯と違って安定性があり異物感もしないのがメリットとなっています。
ただし、ブリッジにするためには土台となる両隣の歯が揺れていないことが条件となり、奥歯の場合にはブリッジにするために隣の歯を小さく削る必要があるため注意しましょう。
ブリッジにするためには手術を受ける必要はなく、金属のバネが見えてしまうこともなく、治療期間も短くて済むというメリットがあるのですが、両隣の歯に負担がかかってしまい、歯の欠損が多いとできないのがデメリットといえます。
ほかには、入れ歯という方法があり、こちらは金属やプラスチックによって作った人工歯や人工歯肉を取り外して使うもので、どのような欠損パターンにも対応することができ、1本しか歯が欠損していなくても入れ歯にすることは可能です。
簡単に作ることができて、それほど費用もかからず、歯を削る必要もないのですが、異物感が生じてしまうことがあり、硬いものは噛みにくくなってしまい、取り外しが面倒であるというデメリットもあります。
このようにインプラント以外にも歯を補うための方法はたくさんあって、それぞれに一長一短があるため、どんなメリットやデメリットがあるのかよく理解しておきましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク