インプラント治療でどの歯医者が良いかお悩みの方は、「インプラント治療おすすめ厳選5院」を掲載していますので、自分が信頼できる歯医者をお探しください。

歯医者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月12日 [FAQ]

歯医者の予防歯科は何をしてくれますか?

私の親は高齢になったときに歯がほとんどなくなってしまいとても苦労していたので、私は自分の歯を大切にしたいと考えており、そのためには予防歯科に努めるのが良いということを知ったため、実際に歯科医院で予防歯科を受診したいと考えています。
そこで疑問があるのですが、予防歯科とは具体的にどのようなところであり、どんな診療を受けることができるのか教えてください。

回答

歯の病気の予防をして寿命を延ばすことができます


かつて、日本では虫歯のように症状が出てから歯医者に行って治療を受けることが一般的でしたが、これでは手遅れになってしまうことが多く、歯を削ってしまう機会が増えてしまうため、高齢になると自分の歯をなくしてしまう方がたくさんいました。
歯はとても大事なものであり、歯があるからこそ咀嚼力を維持することができてしっかりと栄養を補給できるようになり、さらにものを噛むことは脳機能を維持するためにも効果を発揮するため、健康な歯を維持することは将来の健康状態を大きく左右します。
そこで、近年は日本でも予防歯科が注目されるようになっており、歯科医院の中には予防歯科に力を入れるところが増えていて注目されており、若いうちから歯科医院に定期的に通うことによって、歯の健康をいつまでも守ることができると考えられています。
歯科医院の予防歯科はその名の通り歯の病気の予防をすることに力を入れている診療科であり、健康な歯をいつまでも維持することができるように予防治療を心がけているのですが、基本的には他の診療科と同じく最初は歯の健診をします。
その際には唾液の検査をして虫歯のなりやすさを確かめたり、虫歯だけではなく歯周病の検査もすることによって、口の中の健康状態をしっかりと観察し、さらに歯垢や歯石が溜まっているならばそれを削ることもします。
さまざまな治療法や歯のメンテナンス法が登場していて話題となっており、虫歯や歯周病のリスクをできるだけ下げるための治療を施してくれるため、定期的に予防歯科に通うことによって、将来、自分の歯がたくさん残るようになるでしょう。
正しい歯磨きの仕方について指導を受けることも可能であり、たとえば、染色液を用いることによって、歯磨きをきちんとできているか、特に磨けていない部分はどこなのか調べてもらうことも可能であり、自分に合った歯ブラシやフロスなどを紹介してもらうことも可能です。
歯医者は怖いというイメージがあるのですが、そのようなイメージを払拭するために歯科医院はさまざまな努力をしているため、気軽に予防歯科を受けられます。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク